【リトルキディーズ】子ども乗せ自転車レインカバー|6年間保育園送迎で愛用したママのオススメ商品

私が6年間愛用している
リトルキディーズについて書きます。

子ども乗せ電動自転車の
レインカバーですが、
付けっぱなしになります。

風の強い日や寒い日も助かる優れもの!

 

 

どの機種でも合う

パナソニックギュット、
アンジェリーノ、
OGK、ふらっか〜ず、
などなど今主流となっている
子ども乗せ電動自転車に
適合したサイズなんですね。

私はギュットに乗っていますが、
専用のカバーであるかのように
ぴったり取り付けできますよ。

ハンドルとママの間に取り付けしてるチャイルドシートには不適合です。

 

色が豊富

6種類もカラーがあるんです。

前も後ろも。

私は前後の色を変えていますが、
この組み合わせで
自分の自転車を発見しやすいんです。

東京ではこのリトルキディーズの
カバーをよく見かけますが、
やっぱり黒が一番多いかなと思います。

他の色もクリーミーで
派手すぎず可愛いカラーだなと思います。

 

大きく開き乗せやすい

前の座席用も後ろの座席用も
ジッパーが左右にあり、
しかも大きく開けることができます。

大きく開けることで前は乗せやすく
、後ろは成長すれば
自分で乗れるようになるんです。

乗せるというこの作業、
本当に毎日疲れますよね?

現在次男は3歳で14kgです。

重すぎる!!

しかもお兄ちゃんは
まだ6歳で保育園なので
次男は前に乗せるしか無いんです。

14kgを「よっこいしょ」と
かけ声付きで乗せていますが、
もしも前座席カバーの
開いているところが小さかったら、
それはそれは大変だと思います。

リトルキディーズは
頭の後ろ部分まで
大きく開けられるんです。

おかげで重い息子も
持ち上げるのは一瞬で済みます。

成長する事を考えると
ジッパーが大きく開くのは
理由があるんだなと納得です。

ジッパーですので、
開ける広さを自由にできる!

これは魅力です。

 

最新版は強度アップ

正式名称は「チャイルドシート
レインカバーver3+プラス
」と
なっているんですが、
2019年11月に最新版として
リリースされたようです。

ファスナーとビニールの強度が
かなり向上されたようで、
これは消耗品と思っていましたが
耐久性アップにより以前より
長く使えるものになったのではと思います。

今頃知ったのですが、
全ての部品のスペアパーツ
用意されているんだそう。

全てを買い換える必要は
無いということですね。

 

楽々ジッパー

何度か買い換えしている私ですが、
初期はジッパーが開けにくかったのです。

金具の部分がジッパー部分に
しっかりはまり込みそれを起こすのが大変でした。

今は金具部分に開閉しやすいよう
T字の部品を付けるようになっていて、
ジッパーがとても楽になりました。

唯一気になっていたと言っても
良いこの場所が改善されたので
自信をもってオススメできます。

 

自転車屋さんか楽天

元々私が自転車を購入した自転車屋さんで
「レインカバーなら
リトルキディーズでしょ」っていう
くらい当たり前に出てきた
リトルキディーズですが、
通販では楽天市場でしか買えないようです。

ちょっとビックリ。

自転車屋さんだと
色が揃っていないこともあるので、
楽天市場で購入するのが絶対おすすめです。

取り付けは私(女性)でも
30分あれば余裕です。



 

 

jQuery(document).ready(function( $ ){ });