松ぼっくり 水分を含むと閉じる?

松ぼっくりは水分により閉じたり開いたりするそうです。

つい最近知ったので子ども達と実験!!

知らずに拾ってきた松ぼっくり

閉じている「松ぼっくり」を拾ってきました。

「閉じているのは珍しいね。普通は開いて落ちてるんだよ」と話した次の日。

ひ、ひらいてる!!

そっかー。昨日は松ぼっくりが地面に落ちたばかりだったんだね。

お家に帰ってきて成長したんだね。

と、知ったかぶりしていたのですが、その件を保育園のノートに書いたところ、「確か、水分を吸ったら閉じるんですよ」とのこと。

閉じるのか実験

水の中へ

湯おけに水を張り入れてみます。

5分後

気持ち閉じてきたかも?

10分後

下の方が閉じてきました。

20分後

全体的に閉じています。

30分後

かなりシュッとしましたね。

次の日

とってもスマートになりました。

松ぼっくりは水分を含むと閉じる

松ぼっくりは水分を含むと閉じることが分かりました。

しかも5分ほどで変化が始まり30分でほぼ閉じ切ったと言えます。

開くのか実験

完全に閉じてしまった「松ぼっくり」どのくらいの時間で開くのでしょうか?

実験しました。

水から出したばかり

出してから5分後、10分後、確認したのですが、ほぼ見た目変わらずでした。

乾燥するのは時間かかるみたいです。

12時間後

下の方が開いてきました。

24時間後

完全に開きました。

湿度によると思いますが、9月の室内で24時間かけて開きました。

開閉の理由

松ぼっくりが開閉する理由は、「種を効率よく出すため」のようです。

雨の日は種を落としても遠くに飛ばすことができないので閉じるそうです。

そのため木から松ぼっくりが落ちても同じように開閉するのだそう。

勉強になりました。

jQuery(document).ready(function( $ ){ });